キャリアアップ転職では事前の自己能力の客観評価が重要

キャリアアップのために本当に転職が必要か!?

転職を希望する理由も人様々です。そんな中でも、ある企業でスキルを磨き、更にキャリアアップを目指して高く自分を売りこむ転職を考える人も増えています。転職によってキャリアを積むと言うと、なるほどと感じるものです。しかし良く考えて見ると、あるスキルを身に付け、更に異なるスキルを身に付けるキャリアアップは、今の会社で不可能なのかもよく考える必要があります。多くの企業では、将来を嘱望する人材には、キャリアアップを社内のいくつかの部門を経験させる事で図ろうとしたり、自ら配置転換を希望する制度を導入している事が多く、こうした社内でのキャリアアップの機会が無いのかを良く考えるべきでしょう。

それでも転職でキャリアアップを図るなら、自己の能力の客観的な評価をすべきです!

良く考えても、今の会社ではこれ以上のキャリアアップを図る機会がなく、転職を考えるなら自己の能力の客観的な評価、棚卸しをすべきです。例えば、身に付けたいスキルを大項目に区分し、その大項目毎に数個の小項目に分けてリストアップします。そして、各々のスキルの自己評価を5段階評価などでして見ることです。その5段階は、業界最高水準、現社内最高水準、標準、やや低い、初歩などとし、自己の能力が業界でどんな位置付けにあるのかをしっかりと考える事です。

転職の必要性

上記の事前評価で、小項目のスキルで今の会社では身に付けられないものがある場合や、あるスキルが今の社内でピカイチで、それ以上の高みを目指せない場合は、転職の意味があると言えるでしょう。しかし、いづれのスキルも標準や、やや低い水準なら、今の会社で社内最高水準に到達してから転職を考えても遅くはないのでしょう。

キャリアアップ転職を正しく理解しましょう

能力が、まだまだ標準程度にも関わらず、転職すれば自己の能力を高く売り込めると錯覚したり、キャリアアップの為には転職が必要なのだと誤解しない事が、重要です。