不採用が続いたら一社集中作戦

転職をするときには、大小関わらずさまざまな諸問題が発生しますが、その中でも1番本人にとって厳しい問題とは、いつまで経っても転職先が決まらないということではないでしょうか。

転職活動を始めた当初は転職をしたい気持ちがとても強いですから、脳も冴えて回転も早く次から次へと転職先の候補をピックアップしていくことができます。また、転職に対しての考え方も柔軟ですから、発想も活発で誰の手を借りずとも、すんなりと会社へ応募することができます。

しかし、そんな快進撃も不採用が続いていくと、次第に勢いがなくなってきてしまいます。勢いがなくなると、今度はいちいち不安ばかりが強くなり、転職先が見つからないという状況に陥ってしまいます。

そんなときは、作戦を切り替えて転職活動に臨むことをオススメします。具体的には、一社集中作戦です。勢いに任せて何社も応募するのではなく、じっくり吟味した上で最も自分と合いそうな会社をしぼり出し、そこをめがけて全力投球します。

こうしたやり方はややロスが大きいため、不採用になったときのリスクがありますが、その分採用されやすいというとても現実的な作戦です。一社一社丁寧に転職活動を進めるのは、採用という結果が得られるまでかなりやきもきするかもしれませんが、一社集中作戦のほうが採用担当者も熱意を感じて好感触を得られるケースがあります。

お役立ちサイト
中高年の転職戦略【転職サイトを上手に使いこなす!】
中高年は何をアピールして転職を成功に結びつけるのか

投資&お金の総合サイト! ザイ・オンライン
お金と転職は結びついている

ですから、何でもかんでも闇雲に応募するのは転職活動の最初だけで、それがもしも万が一上手くいかなかったら、後は一社集中作戦に切り替えたほうが、良い結果は得られやすいです。