自分の入りたい会社に転職するためには

転職で感じる不安について

次の仕事を探すときに、離職したときには開放感があるものの、だんだんと気持ちが塞いで行くことがあります。それは、面接などで自分を改めてゼロの状態から評価されるという緊張による不安感と言えるものです。仕事をしばらくして、自分のことがちゃんと分かってくれる同僚や上司からの評価と、職務経歴書や履歴書、資格などの情報から判断される自分自信というのはやはり乖離があります。それゆえに、自分のことを理解してもらえないという不安感や絶望感を転職では味わうことも珍しくありません。

転職は経験がものを言う

しかし、それらの現象は限られた時間と情報で判断をする場合に起こる「ロス」とも呼べるものです。見る目がないと割り切って他の仕事を見つける方が自分自身のためになります。もちろん、諦めきれないということであれば、再度面接を申し込むことも可能ですが、多くの企業では短期間での複数申し込みは断られることがありますので、一旦他の会社に勤めてから再チャレンジをするという方も結構いらっしゃいます。総じて、自分が入りたい会社に転職を成功させる人は、何度も転職をして、そうした転職の仕組みや事情を知り尽くした人が多い傾向があります。