転職により社会の活気を取り戻す

 私は公務員とぢて30年ほど努めてから中高年の年代になり自営業に転職しました。転職してみて、初めて前職の内容を冷静に評価することができます。辞めて良かったと思うこともあれば、辞めて勿体ないことをしたと思うこともあります。自分のための時間や余暇という面では、転職により改善されたことが多いですが、収入面では目に見えて不安定になりました。転職前はとにかく自分の時間というものがなく、ただ、寝て、起きて、働くの繰り返しでした。何度の心の調子を崩しかけたのを覚えています。いくら安定収入があっても、体調が安定していなければ、全く意味がありません。そうは言いつつ、収入が不安定では、この先の生活もままなりません。

(おすすめサイトのご紹介)
中高年 求人
中高年の求人を選ぶ際に気をつける点

 要は、全てを手に入れることは、そもそも困難であるということを実感しました。日本は転職が難しい社会です。私のように一度きりの転職で、転職の是非を考えるからそのようになってしまうのだと思います。しかし、転職を何度も繰り返させば、転職の悪いところだけではなく、良いところも沢山見えてくると思うのです。現に私の親戚は職を転々としていますが、とても人生をエンジョイしています。続けることが美徳とされる日本の社会では勇気のいることですが、もっと転職が当たり前になれば、もっと活気ある社会に生まれ変わるような気がします。