転職活動、抑えるべきポイント二つ!

転職活動、それは本当にエネルギーのいるものです。けれど、よりよい職場へ転職!を狙うのでしたら、おさえるべきポイントをおさえて、あなたの魅力を最大限に相手へ見せつける『コツ』が必要です。どんなことに気を付ければいいのでしょうか。

1.話し方で損をしない!

特に異業種での転職では、前職での経験をつらつらと説明しているだけでは相手の心には響きません。面接官というのは、この人がどんな人物なのか、ということを最もよくみています。言ってしまえば、異業種への転職では、前職での経験、実績をどんなにアピールしたところで、相手の面接官は違う部分をみています。それは表情、話し方です。おどおどせず自信を持ってゆっくりと、決して早口にならないように語りかける、それだけで面接官への印象はグッとあがり、あなたへの印象もupします。

2.履歴書の文字の印象

履歴書というと、手書きでかかなくてはいけないもの、と考えるのがちょっと前までの常識でした。一部の会社ではパソコン使用の履歴書を受け付けないところもいまだにありますが、そのような会社は個人的にはこちらから願い下げという気がします。文字によって人の印象とはずいぶん変わるものです。社会人であれば、見やすいスマートな美文字であってほしいもの。残念ながら字が不得意、という人はこの際手書きにこだわらず、その分きれいにタイピングされたパソコン使用の履歴書、また職歴所ではあなたのパソコン能力も十分発揮できる箇所になるはずです。手書きにこだわるのは古い考えと思っておきましょう。